いすゞ『フォワード CNG』の排ガス性能をアップ

自動車 ニューモデル 新型車

いすゞ『フォワード CNG』の排ガス性能をアップ
  • いすゞ『フォワード CNG』の排ガス性能をアップ
いすゞ自動車は3日、中型トラックのCNG(圧縮天然ガス)車『フォワード CNG』を改良し、5月6日から発売する、と発表した。エンジンを改良し、従来のCNG車にくらべ、排出ガスを大幅に削減した。

エンジンの空燃比をきめ細かく制御し、排ガスを一層低減。現行CNG車にくらべ、NOx(窒素酸化物)とHC(炭化水素)を、それぞれ80%、CO(一酸化炭素)を40%削減した。排ガスレベルは、ガソリン車に対する国土交通省の低排ガス車認定制度における「超−低排出ガス車」レベルとした(社内試験値)。

メーカー希望小売価格は、積載量4トンクラスのキャブ付きシャシ・ショートキャブ車が848万2000円、同7トンクラス車が887万円。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集