【キャンピング&RVショー続報】目が変わるのはワゴンだけではなくて…三菱

自動車 ニューモデル モーターショー
【キャンピング&RVショー続報】目が変わるのはワゴンだけではなくて…三菱
  • 【キャンピング&RVショー続報】目が変わるのはワゴンだけではなくて…三菱
  • 【キャンピング&RVショー続報】目が変わるのはワゴンだけではなくて…三菱
  • 【キャンピング&RVショー続報】目が変わるのはワゴンだけではなくて…三菱
インターナショナルキャンピング&RVショーに、新アイデンティティに基づく大幅なフェイスリフトを施した『ランサー・ワゴン』を出品した三菱だが、同様のフェイスリフトはワゴンに留まらず、セダンにも及ぶという。

「グリルの中央にスリーダイヤマークを置く」というアイデアは乗用車デザイン本部長のオリビエ・ブーレイ氏の発案によるものだと伝えられている。昨年9月にマイナーチェンジされた『パジェロ』から始まり、11月発売の『コルト』ではより大きくなり、今年1月発売の『エアトレック・スポーツギア』と『ランサーエボリューションVIII』で完全に定着した印象だ。今春デビュー予定のミニバン『グランディス』でも、もちろん採用されている。

そうした流れの中でランサー・ワゴンにも「グリル中央の大きなスリーダイヤマーク」が採用されたのだが、今回は同時にヘッドライトの意匠も変更。これまでの切れ長の目から大型の三角形に変化した。印象は決して悪くなく、パチッとした大きな目になったという感じ。リフレクターも大きくなり、光量はこちらの方がありそうに思える。

会場での説明では、このフェイスリフトがワゴンだけに留まらず、セダンにも波及するという。そして「セディア」というペットネームがセダンからも消滅する可能性があるということだ。後者については会場説明員も明言を避けたが「かなり大きな変化です」とは言っている。

セダンにもフェイスリフトが及べば、これまでの『ランサー・セディア』の面影を残すのは、発売されたばかりのランエボVIIIと、商用車『ランサー・カーゴ』だけとなる。もし「ランエボIX」があるとしたなら、そのときには新しい顔がベースとなるかもしれない。

●おおっと!! メールマガジン「デイリーニュースランキング」では毎日の記事の中からオートアスキー編集部が選んだおすすめ記事をランキングにしてお届け。自動車業界の動向をウォッチング!---
《石田真一》

編集部おすすめのニュース