【会田肇のG-BOOKテスト(その7)】カーナビ編---施設で目的地を検索する場合に問題が

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

周辺検索はリストを一覧表示するものではなく、指定したアイコンを1種類ずつ地図上に表示する形式となっている。アイコンの種類には、コンビニやガソリンスタンドがあり、G-BOOKらしく、のE-TOWERの項目も追加されていた。ただ、カーナビの周辺検索としては定番となっているファミリーレストランが項目に加えられてないのは不満に思う。

目的地検索として利用できるG-BOOKのサービスとして、「ライブナビゲーション」がある。近くの店を自動的にサーチしてカテゴリー別に表示したり、有料とはなるが、映画やグルメ、レストランガイド、恐怖のホラーチャンネル、シーズンガイドなどの多彩なコンテンツも用意されている。詳細情報はもちろん、その場所を地図上に表示することも可能だ。多少、カーナビの基本機能での検索に物足りなさを感じたが、このサービスの併用すれば、利用価値はさらに高まるだろう。

残念なのは、1回の操作のたびにダウンロード状態になり、常に一定時間待っていなければならないことだ。通信状況にもよるが、画面が更新されるまでに要する時間は通常で3〜5秒程度。場合によってはもう少しかかることもある。これで情報が充実したものであればよいのだが、DVD/HDDナビを上回るとは感じられなかった。ただ、情報は常に更新されているということなので、その鮮度が維持されることを期待したい。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集