マツダ、上半期の生産・販売は『アテンザ』効果を最大限に発揮

自動車 ビジネス 企業動向

マツダは、上半期(4〜9月)の生産・販売状況を発表した。それによると国内生産は、前年同期比5.7%増の39万5421台となり、2年連続でプラスとなった。国内生産がプラスとなったのは、『アテンザ』の国内販売や、米国向け『プレマシー』の輸出が好調だったため。

国内販売は、同6.4%減の12万8818台と5年連続でマイナスとなった。アテンザのプラスはあったものの、『ファミリア』や『トリビュート』、『MPV』などの量販車種の販売が不振だったことを理由としている。

輸出は同8.7%増の27万1921台だった。北米向けはマイナスだったが、欧州向けアテンザが全体を引っ張った。海外生産も北米、アジアなどが好調で同5.5%増の7万8797台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集