【新型ホンダ『アコード』発表】色いろいろ、入念に調色

自動車 ニューモデル 新型車

【新型ホンダ『アコード』発表】色いろいろ、入念に調色
  • 【新型ホンダ『アコード』発表】色いろいろ、入念に調色
  • 【新型ホンダ『アコード』発表】色いろいろ、入念に調色
  • 【新型ホンダ『アコード』発表】色いろいろ、入念に調色
  • 【新型ホンダ『アコード』発表】色いろいろ、入念に調色
10日に発表された新型ホンダ『アコード』では、エクステリアカラーはセダンが6色、ワゴンが8色と豊富に取り揃えられる。

セダンはプレミアムホワイトパール、サテンシルバーメタリック、ナイトホークブラックパール、グラファイトパール、インディゴブルーパール、ミストオパールグリーンパール。ワゴンは緑がバーモントグリーンパールに変わり、さらにデザートミストメタリック、ロイヤルルビーレッドパールの2色が加わる。

ホンダは国内メーカーのなかでもカラーコーディネートにはこだわりの強いメーカー。ボディカラーの開発にあたっては、エクステリアデザインのシャープさやソリッド感、上質感を際立たせるよう、入念に調色されたという。

インテリアカラーはセダン、ワゴンともブラックとアイボリーの2色で、ホワイト、ブラック、シルバー、グラファイト(グレー)は両方の色が選べる。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集