【WiLL『サイファ』発表】はじまりは「クルマと携帯電話との共存」だった

自動車 ニューモデル 新型車

【WiLL『サイファ』発表】はじまりは「クルマと携帯電話との共存」だった
  • 【WiLL『サイファ』発表】はじまりは「クルマと携帯電話との共存」だった
トヨタ自動車VVC(ヴァーチャル・ベンチャー・カンパニー)楠田久プロダクトマネージャーによると、「WiLL『サイファ』の開発がはじまったのは2000年初め頃。当時は運転中の携帯電話の使用が問題となり始めた頃で、携帯と競合ではなく共存できないか、携帯が安全につなげられないか、ということから始まった」そうだ。

「コミュニケーションするクルマとして、NTTドコモや、松下電器、デンソーなどにも打診したが、当時トヨタ社内で全く別体で進められていた『G-BOOK』を知って、一緒に開発することになった」と楠田プロダクトマネージャー。

さらに、楠田プロダクトマネージャーは「しかしG-BOOKを取ってしまったら、何も残らないといったクルマには仕上げたくなかった。そのために、クルマそのものもしっかりしたい。足回りは『ヴィッツ』の欧州バージョンである『ヤリス』の足回りをチューンナップして使用している」と語る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集