トヨタ、ホンダに続いてダイムラークライスラーも燃料電池乗用車を実用化計画

エコカー 燃費

トヨタ、ホンダに続いてダイムラークライスラーも燃料電池乗用車を実用化計画
  • トヨタ、ホンダに続いてダイムラークライスラーも燃料電池乗用車を実用化計画
ダイムラークライスラーは、量産車として世界初の燃料電池乗用車『F-Cell』(エフ・セル)を発表した。メルセデスベンツ『Aクラス』をベースにした燃料電池車で、2003年からヨーロッパと米国で一般ドライバーによる実用テストを行う国際プロジェクトをスタートさせる。合計60台を実用化させる。

今回のエフ・セルは、研究段階を脱して実用段階に入った燃料電池乗用車。生産は量産に近い条件で行い、運転及びテストは各国政府が支援する国際プロジェクトの中で、一般ドライバーも日常走行に使用する。

エフ・セルはAクラスのサンドイッチ・フロアに燃料電池システムを収納、タンクは圧縮水素350バールを貯蔵、航続距離は150km。水素消費量は、ディーゼル換算で、23.8km/リットルだ。

●東京モーターショー開幕近付く!! メールマガジン「デイリーニュースランキング」では毎日の記事の中からオートアスキー編集部が選んだおすすめ記事をランキングにしてお届け!! 重大ニュースの見落としがこれでなくなります。---
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集