Newトヨタ『プラッツ』のメーカーオプションナビはベストポジション

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
8月29日にマイナーチェンジを行ったトヨタ『プラッツ』。カーナビはメーカー/ディーラーオプションの両方から選択することができる。中でも、メーカーオプションのナビは、モニターがポップアップする1DINサイズとなる。

使わないときは、モニターを収納することができ、インパネをすっきりとさせている。しかも、ポップアップしたときのモニターの位置は、センターメーターセルの真下。スピードーメーターを見る要領で地図を確認することができるベストなポジションといえる。メーカーオプションのこのナビは、CD-ROMナビで5.8型タッチアップパネルを採用、モニター周りのスイッチとタッチアップパネルで、使いやすいナビとなっている。

住所や電話番号等で目的地を検索することはできるが、個人宅の電話番号情報は入っていない。目的地までのルートは3ルートを同時検索することができる。目的地までの経路案内は、首都高のジャンクションを3D画像で表示する高速道路分岐案内、高速のIC間を簡易図形で表示するハイウェイモード、音声案内など多彩。地図も、著名なランドマークを3D表示できたり、3Dで表示したり、2画面にすることも可能だ。
《編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース