シューマッハを止めるラテンデュオ……本当は仲がいい2人

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

シューマッハを止めるラテンデュオ……本当は仲がいい2人
  • シューマッハを止めるラテンデュオ……本当は仲がいい2人
  • シューマッハを止めるラテンデュオ……本当は仲がいい2人
  • シューマッハを止めるラテンデュオ……本当は仲がいい2人
今週末開催のフランスGPでタイトルを決めそうなフェラーリのミハエル・シューマッハ。早々のタイトル決定を阻止する鍵を握っているのは2人のラテン人、ルーベンス・バリケロ(フェラーリ)とフアン・モントーヤ(ウィリアムズ)だ。ブラジルとコロンビアの南米コンビはトラックの外では非常に仲がいいという。

モントーヤは「ルーベンスのことは何年も前から知っているんだ。彼は僕の父とレースしたことがあるんだよ。彼がまだ15歳ぐらいの時、コロンビアで行われた南米カート選手権で戦った。小さな町での開催だったけど、父が勝ったんだよ。父は本当に速くて僕もかななわなかったぐらいなんだけどね」と語る。

F1に参戦して以来、友達を作るのではなく仕事に集中してきたというモントーヤ。その言葉通りチームメイトのラルフ・シューマッハとは親しくないようだが、シューマッハとガレージを共有するもう一人の男、バリケロとは気が合うという。

「彼とは本当にいい友達だよ。レースではハードに戦うけど、お互いを尊敬しているんだ。もし僕が彼の隣にマシンを持っていったとしても、彼は僕を押し出すようなことはしないって分かっている」

尊敬するヒーローも同じくアイルトン・セナという二人は、今シーズン合わせて10戦中7戦でポールポジションを獲得している。「ミハエルが今度予選でルーベンスに負けたら、かなり怒るだろうね。ミハエルは絶対に倒せない相手じゃない。ルーベンスは実際、今こそ目標の男を倒そうとしているところなんだ。それはルーベンスにとってもスゴイことだよ!」と語っている。

●サーキットを彩るレースクイーン! メールマガジン「デイリーニュースランキング」では「Today's オートガール」をお届けしています。オートアスキーが蓄積した写真蔵から選んだ美少女の画像URLです。---
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集