VW上半期、台数は苦戦したけど『パサート』が頑張りました

自動車 ビジネス 企業動向

VW上半期、台数は苦戦したけど『パサート』が頑張りました
  • VW上半期、台数は苦戦したけど『パサート』が頑張りました
フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、2002年上半期の国内販売台数が前年同期比2.1%減の3万1497台となり、マイナスとなったと発表した。

上半期は『ポロ』がフルモデルチェンジ前で、販売台数はマイナスとなった。ただ、今年1月に『ゴルフ』、『ボーラ』を値下げしたこと、エントリーモデルのゴルフEを219万円で設定したことなどから、小幅なマイナスにとどまったとしている。

台数面では苦戦したが、新型『パサート』や新型『パサートワゴン』、高級車『パサートW8』の販売が好調だった。VW全体に占めるパサートシリーズの販売構成比は9%にもなった。

下半期は新型『ポロ』の販売が期待されるため、前年を上回る見込み。

★★★2002年夏のボーナスでねらうカーナビはこれで決まり! 春夏の新製品の詳細解説&試乗リポート。そしてメーカーにあなたが提案:アンケートに答えてQUOカードをもらおう!! ---
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集