ライダーがワイヤーの存在に気付かず、首が……

23日早朝、秋田県秋田市でバイクに乗った男性がワイヤーで首を切断し、即死するという事故が起きた。駐車場への進入を禁止するために張ってあった太さ7ミリのワイヤーの存在に気づかなかったらしい。秋田県警では事故の状況などを詳しく調べている。

自動車 社会 社会
23日早朝、秋田県秋田市でバイクに乗った男性がワイヤーで首を切断し、即死するという事故が起きた。駐車場への進入を禁止するために張ってあった太さ7ミリのワイヤーの存在に気づかなかったらしい。秋田県警では事故の状況などを詳しく調べている。

警察の調べによると事故が起きたのは23日の午前6時30分ごろだという。近くの工事現場に向かって出勤途中だった25歳男性の運転するバイクが国道13号線沿いにある書店の駐車場に進入しようとしたところ、入口付近に張ってあった太さ7ミリ、全長18メートルのワイヤーに接触。バイクはワイヤーが障害となり、そのまま転倒して止まったが、運転していた男性はワイヤーで首を切断。ほぼ即死の状態だった。

この書店の駐車場は閉店後、暴走族のバイクなどの進入を防止するため、ワイヤーで入口をふさいでいた。中央部には「進入禁止」と書かれたプラスチック製のボードも掛けられていたが、バイクの男性はワイヤーの存在そのものに気がつかなかったらしい。

警察ではこの男性がどうしてこの駐車場に入ろうとしたのかなど、勤務先などからも話を聞く方針だという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • 高速道路バイク2人乗り---意外?な調査結果 画像 高速道路バイク2人乗り---意外?な調査結果
  • レンタルカートに潜む危険---女子大生が即死 画像 レンタルカートに潜む危険---女子大生が即死
  • 「ブレーキが効かない!!」という叫び声の直後に事故---原因は調査中 画像 「ブレーキが効かない!!」という叫び声の直後に事故---原因は調査中

特集