【ワールドカップ】異種通貨を決済可能な電子マネー「日韓でバスに乗れる」

信販会社のオリエントコーポレーションは5日、サッカー・ワールドカップの期間中、日韓両都市で使用可能なICカードのモニターを5000人募集することを明らかにした。日本円/韓国ウォンのどちらにも対応しているカードで、世界初の試み。

自動車 社会 社会
信販会社のオリエントコーポレーションは5日、サッカー・ワールドカップの期間中、日韓両都市で使用可能なICカードのモニターを5000人募集することを明らかにした。日本円/韓国ウォンのどちらにも対応しているカードで、世界初の試み。

これは国土交通省の進める「多機能ICカードプロジェクト実証実験」のひとつで、ワールドカップのオフィシャルカードであるマスターカードと提携して行われるもの。日本でのカード発行はオリエントコーポレーションが担当する。

カードにはあらかじめ日本円で1000円分(韓国で使用する際は1万ウォン=約1000円)が電子マネーとして納められており、ワールドカップの開催会場で日韓を問わず使用できる。また、札幌の市営地下鉄を利用する人や、札幌会場のチケットを持っている人、札幌市近郊の在住者には、札幌市営地下鉄と札幌ドームへのシャトルバスに使用できる1000円分の電子乗車券もプラスされる。

乗車の際にセンサーに軽く触れるだけで自動精算される仕組みで、キップなどを買う手間が省ける。同様に韓国(ソウル、済州島)でのチケットを有している人には、ソウル市営地下鉄と路線バスで「キョトンカード(交通カード:ICカード方式の共通乗車券)」として使用可能となる1万ウォン分の電子マネーが付与される。

対象となるのは、ワールドカップの観戦チケットを持っている観戦者、大会ボランティア関係者、札幌市営地下鉄を通勤などで日常的に利用する18歳以上の人。合計5000人にカードが貸与される。申し込み締め切りは4月10日、カードは当選者に5月中旬までに送付される。なお、応募時にオリコカードの所定審査が行われるとのこと。

【iCOTY】始まる!! あなたがインターネットで投票するカーオブザイヤー:2002年2月22日からインターネットおよびiモードで消費者が投票するクルマの賞として「インターネット・カー・オブ・ザ・イヤー2001-2002」を開催している。あなたも自分でCOTY決定に参加できる! 2002年3月14日まで投票受付中。---
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • ICカードが道案内---神奈中ハイヤー「行き先通知サービス」 画像 ICカードが道案内---神奈中ハイヤー「行き先通知サービス」
  • バス定期券にクレジット機能---ICカード式で世界初、山梨に登場 画像 バス定期券にクレジット機能---ICカード式で世界初、山梨に登場
  • 違反切符はスピーディに発行!? IC免許化で現場の労力も削減 画像 違反切符はスピーディに発行!? IC免許化で現場の労力も削減
  • ICカード公衆電話を活用「21世紀のタクシー配車だ」 画像 ICカード公衆電話を活用「21世紀のタクシー配車だ」

特集

おすすめのニュース