トヨタ組織改編、『MONET』と『Gazoo』のサービス統合

自動車 テクノロジー ネット

トヨタ自動車は、トヨタメディアステーション(TMS)が展開するクルマ向け情報サービス『MONET』(モネ)を4月1日付けでトヨタの会員情報サービス『Gazoo』(ガズー)のシステム運営・販売会社のガズーメディアサービス(GMS)に移管すると発表した。国内のクルマ向け情報サービス事業をGMSに集約することが目的。TMSは解散となる。

トヨタは今年後半、モネとガズーを融合させた新しい車向け情報ネットワーク『G-BOOK』を立ち上げる予定で、今回の再編はこれに合わせて情報サービス事業を集約、事業の効率化と体制強化を図る。

クルマ向け情報サービス事業の運営はGMSに集約、モネの設備などのインフラはGMSに一部を貸与する。これによってモネとG-BOOKのサービスの統合、ガズーとの連携が可能になるという。TMSからGMSへの移管で、モネ会員はGMSからモネのサービスが提供される。将来的にはモネとG-BOOKは統合、モネ会員もG-BOOKのサービスを受けられる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集