【ホンダF1ストーキング】フィジケラ、新型ジョーダンEJ12の走りに満足

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

佐藤琢磨が行ったシェイクダウンを受け、3日間の予定でシルバーストーン・テストをスタートさせたジョーダン・ホンダ。22日、今度はジャンカルロ・フィジケラがEJ12の初感触を確かめた。

EJ11で24ラップ、EJ12で17ラップを走行し、セットアップ、システム・チェック、ホンダ用のエンジン・マッピングなどを行ったフィジケラは「計測ラップはそんなにしなかったけど、EJ12のドライビングはかなりうまく行ったよ。高速コーナーでの反応がすごくいいから、あと2日このマシンで走れると思うとエキサイティングだね」とコメント。

レースおよびテスト・エンジニアリングのチーフを務めるゲイリー・アンダーソンは「今日はシステムをチェックし、すべてが問題なく走るかどうかを確かめた。成果には非常に満足している。明日はいくつか違ったセットアップも試してみる予定」と初日の感想を述べた。明日からは佐藤琢磨もテストに参加する予定。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集