【改善対策】まるまる国内年間販売分だ! ---メルセデスベンツ

自動車 社会 行政

ダイムラー・クライスラー日本は23日、メルセデスベンツ車、約5万台の改善対策を国土交通省に届け出た。『C』、『E』、『S』の各クラスほか、『M』や『G』、AMGなど、97年4月から2000年6月までに輸入した37車種が対象。

これらの車両では、クランクプーリーの構造が不適切なため、防振用ゴムリングがずれて異音が発生し、最悪の場合、オルタネーターとパワーステアリングポンプを駆動するベルトが外れるおそれ。これまでに363件の不具合が起こっている。
《編集部》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品