あのクルマよりもお得!? スズキ『スイフト』に装備充実モデル登場

自動車 ニューモデル 新型車

スズキは、1.3リットルエンジン搭載の小型乗用車『スイフト』を一部改良し、21日から発売を開始した。

主な変更点は、インストルメントパネルのオーディオ位置を上部に変更し、使いやすさに配慮した。キーレスエントリーのアンサーバック機構にハザードランプ点灯式を採用した。運転席にシートヒーターを採用(4WD)、通行券をはさんでおくのに便利なカードホルダーを採用した(2WD)。

「SE-Zグレード」は、パワーウインドウ、フルホイールキャップ、AM/FMラジオ付カセットステレオ、フロントスピーカー、アンテナを装着した。その上で、従来よりも3万円高い85万3000円(2WD/5MT)に設定した。

SGグレードはフォグランプ、スモークガラス、チルトステアリング、可倒式アシストグリップなどを装備して価格を1万円アップに抑えた。価格は117万8000円(2WD)。

スイフトはシボレー『クルーズ』のベースとなったモデルだが、ここまで装備が充実されてくると元祖の方がお買い得かも。

●チューンドカー&ドレスアップカーの祭典、「東京オートサロン・ウィズ・オートアジア2002」が開催されました。オートアスキーは、リポートに加えてクルマとコンパニオンの写真&動画満載の特集ページを開設しています。---
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集