いすゞ、エンジンビジネスは順調……『ビッグホーン』はどこに?

自動車 ビジネス 企業動向

いすゞ自動車は11日、2002年の生産・販売計画を発表した。生産は国内・海外とも減少し総合計では2001年にくらべ11%の減少となる。

国内生産は、大型トラックが自動車NOx法の改正による特需を見込んで12%増える。しかし景気回復の遅れから小型トラックは5%のマイナスとなる。またRVは『ビッグホーン』の生産をアメリカに移すほか、ピックアップ・トラックもタイの生産拠点に集約することから3割減と大幅に減る。

海外も中国で中型トラックの生産が増えるが北米は在庫調整を進めるため生産を減らす計画という。このため海外生産は10%の減少となる。

車両生産は今年は全体として減る傾向のいすゞだが、ディーゼルエンジン・ビジネスは順調に拡大する。欧州工場の今年の生産は前の年にくらべると22%増え25万基に、また2000年に立ち上がったアメリカ工場では25%増の12万基を生産する計画だ。

●チューンドカー&ドレスアップカーの祭典、「東京オートサロン・ウィズ・オートアジア2002」が始まりました。オートアスキーは、リポートに加えてクルマとコンパニオンの写真&動画満載の特集ページを開設しています。---
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集