いすゞが人に環境に、そしてバス会社に優しい『エルガ』を発売へ

自動車 ニューモデル 新型車

いすゞ自動車は、大型路線バスの『エルガ』を、交通バリアフリー法に適合させるとともに、ノンステップバス標準仕様に対応させるなど、改良を施し、来年1月22日から発売すると発表した。

エルガは、「ノンステップバス標準仕様化策定検討会」が定めたノンステップバス標準仕様を採り入れた業界標準のバス。標準化することで、価格を従来のノンステップバスよりも100万円安くした。

また、高齢者の乗降が楽な交通バリアフリー法に対応するとともに、エルガシリーズにCNGノンステップバスを新たに設定した。アイドリングストップ&スタートシステムを標準装備したり、一部車種にPM(粒子状物質)を低減する酸化触媒を採用するなど、環境性能の向上を図った。

価格は6HA1エンジン搭載車が3356万円、8PE1-Nエンジン搭載車が1876万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集