アルコール燃料に対する見解はいつ? ---混迷する委員会

国土交通省、経済産業省などによる「高濃度アルコール含有燃料に関する安全性等検討委員会」はこのほど、第3回の検討会を開き、今後の実験スケジュールなどを決めた。第2回の会合で「12月中にも中間報告を出す」はずだったが、スケジュールが遅れている。

自動車 社会 社会
国土交通省、経済産業省などによる「高濃度アルコール含有燃料に関する安全性等検討委員会」はこのほど、第3回の検討会を開き、今後の実験スケジュールなどを決めた。第2回の会合で「12月中にも中間報告を出す」はずだったが、スケジュールが遅れており、報告は来年以降に先送りになった。

同委員会は1月以降、月1回のペースで会合を重ねる予定だが、消費者にアルコール系燃料が安全かどうかを報告する時期は未定になった。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • アルコール燃料ヒアリング---車両側の再調査は決まったけれど 画像 アルコール燃料ヒアリング---車両側の再調査は決まったけれど
  • アルコール燃料ヒアリング---「燃料の公的規格を」ガイアエナジー社長 画像 アルコール燃料ヒアリング---「燃料の公的規格を」ガイアエナジー社長
  • 「アルコール燃料が火災を起こす、とは何だ」ガイアエナジー、国など提訴 画像 「アルコール燃料が火災を起こす、とは何だ」ガイアエナジー、国など提訴
  • メーカー・役所 vs ガイアエナジー、アルコール燃料直接対決が迫る 画像 メーカー・役所 vs ガイアエナジー、アルコール燃料直接対決が迫る

特集