【フランクフルトショー2001出品車】BMW『M3 CSL』(2)---MはM

自動車 ニューモデル モーターショー

【フランクフルトショー2001出品車】BMW『M3 CSL』(2)---MはM
  • 【フランクフルトショー2001出品車】BMW『M3 CSL』(2)---MはM
そのほか軽量化を目的としてBMWが『M3 CSL』に採用したものは、特製の超薄リアウィンドウもそうだ。フロアパンの一部、そしてパッセンジャーシートとラゲッジスペースの間のリアバルクヘッドには、航空機などでよく使われるハニカム材が適用されている。

開発では、確かに軽量化が主な目的のひとつとされているが、同時に従来の『M3』らしさを失わないことも念頭に置かれていた。フロントエアバッグ、パワーウィンドウ、ドアの集中ロッキングシステムなどを見ればそのことは明らかである。

ボンネットの中身はというと、従来のM3で好評を得ている3.2リットル直列6気筒エンジンをパワーアップさせたもの。この自慢のオールアルミエンジンは、BMWの言うところの“シンプルかつ効率的なシリンダーチャージ”と“今までにない摩擦の抑制”を可能にするとのこと。

エンジンパワーに関してはなかなか口を開こうとしないBMWなのだが、トップエンドがなんと200rpmアップの8200rpmにまで引き上げられたところを見ると、370bhpくらいは出力可能なのではないか。だとすると、スタンダードM3に比べて27bhpのパワーアップである。
《》

編集部おすすめのニュース

特集