そんな? 石原東京都に従ってJAFレッカーもディーゼルNO

エコカー 燃費

日本自動車連盟は、環境対策の一環としてロードサービス車両の低公害化を図るため、第1号車として東京支部に天然ガスのレッカー車1台を試験的に導入すると発表した。レッカー車はほとんどがディーゼル車。CNG車は燃料費が安く、排気ガスがクリーンとなり、とくに東京都が問題視している黒煙が出なくなる。

JAFが導入するのは三菱キャンターで、燃費は天然ガス1立方当たり4〜5km、1充填当たり200〜300km走行が可能。JAFでは3月にCNGレッカー車を東京支部ロードサービス隊文京基地に配備する。

東京では、2003年からディーゼル車へのDPF装着義務付ける条例が施行されるため、レッカー車の低公害化を進めるため、試験的にCNG車を導入する。JAFでは、テストの結果が良ければ今後さらに天然ガス車を導入していく方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集