ヤマト運輸、ヤマトホールディングスに関するニュースまとめ一覧(9 ページ目)

関連インデックス
佐川急便、SGホールディングスグループ 日本通運
宅配便が3年ぶりに増加…ネット通販で需要拡大 画像
自動車 ビジネス

宅配便が3年ぶりに増加…ネット通販で需要拡大

国土交通省は12日、2010年度の宅配便取扱実績をまとめた。それによると、昨年度の取扱個数は前年度比2.6%増の32億1983万個となり、3年ぶりに増加した。

[クロネコヤマトの宅急便電車]新型スリーターも導入 画像
自動車 ビジネス

[クロネコヤマトの宅急便電車]新型スリーターも導入

ヤマト運輸は17日、台車をそのまま搭載して走行できる新型自転車(スリーター)を報道向けに公開した。18日から京都市嵐山地区などで運用を開始している。同日から開始した「路面電車を使用した低炭素型集配システム」に対応した。

[クロネコヤマトの宅急便電車]地方鉄道の活性化や、安全で安心なまちづくりに期待 画像
自動車 ビジネス

[クロネコヤマトの宅急便電車]地方鉄道の活性化や、安全で安心なまちづくりに期待

ヤマト運輸と京福電鉄(嵐電)は17日、「路面電車を使用した低炭素型集配システム」を発表した。地方鉄道の活性化や、まちづくりに期待が寄せられる。

[クロネコヤマトの宅急便電車]3つのやさしさでできている 画像
自動車 ビジネス

[クロネコヤマトの宅急便電車]3つのやさしさでできている

ヤマト運輸と京福電鉄(嵐電)は17日、「路面電車を使用した低炭素型集配システム」を発表した。記者会見はデモに使用された電車の車内で行われ、ヤマト運輸の代表取締役社長の山内雅喜氏、京福電鉄代表取締役社長の西田寛氏、京都市交通政策監の水田雅博氏が出席した。

[クロネコヤマトの宅急便電車]路面電車を使った配達サービス 京都で開始 画像
自動車 ビジネス

[クロネコヤマトの宅急便電車]路面電車を使った配達サービス 京都で開始

ヤマト運輸と京福電鉄は17日、「路面電車を使用した低炭素型集配システム」を発表し、18日から運用を開始した。宅配便の配達区間の一部を路面電車で輸送してCO2の削減を狙う。路面電車を使った宅配サービスは日本初とのこと。

ヤマト運輸、路面電車を利用して集配 京都 画像
自動車 ビジネス

ヤマト運輸、路面電車を利用して集配 京都

ヤマト運輸と京福電気鉄道は、京都市嵐山周辺のCO2排出量削減のため、路面電車を活用した宅急便の輸送を5月18日から開始すると発表した。

ヤマト運輸、EV集配車100台を導入へ 画像
自動車 ビジネス

ヤマト運輸、EV集配車100台を導入へ

ヤマト運輸は、三菱自動車が今年末に発売する予定の軽商用電気自動車(EV)『ミニキャブ・MiEV(ミーブ)』100台を集配業務に使用すると発表した。

ヤマト運輸、岩手・宮城でクール宅急便を再開 画像
自動車 ビジネス

ヤマト運輸、岩手・宮城でクール宅急便を再開

ヤマト運輸は、4月3日から岩手県、宮城県を発着する「クール宅急便」の取り扱いを再開した。福島県では3月30日からすでに再開している。

ヤマト、青森・秋田・山形でコンビニ受付を再開 画像
自動車 ビジネス

ヤマト、青森・秋田・山形でコンビニ受付を再開

ヤマト運輸は、3月26日から青森、秋田、山形から発送する「宅急便」のコンビニエンスストアでの受付けを再開すると発表した。

ヤマト、救援物資輸送に2tトラック200台で協力 画像
自動車 ビジネス

ヤマト、救援物資輸送に2tトラック200台で協力

ヤマト運輸は、被災地にある避難所や病院などへ救援物資を輸送するため特別体制を編成する。

ヤマト、岩手・宮城・福島でサービス再開 画像
自動車 ビジネス

ヤマト、岩手・宮城・福島でサービス再開

ヤマト運輸は21日12時より、東日本大地震の影響で休止していた岩手県、宮城県、福島県での一般宅急便サービスを再開した。

【東日本大地震】ヤマト、青森・秋田・山形で一般宅急便を再開 画像
自動車 ビジネス

【東日本大地震】ヤマト、青森・秋田・山形で一般宅急便を再開

ヤマト運輸は、震災により一部営業を縮小していた青森県、秋田県、山形県について、18日15時より全域で一般宅急便の取り扱いを再開すると発表した。

【東日本大地震】ヤマト、茨城県で一部宅配サービスを再開 画像
自動車 ビジネス

【東日本大地震】ヤマト、茨城県で一部宅配サービスを再開

ヤマト運輸は、東日本大地震の影響で一部休止となっている各種宅配サービスについて、被災地である茨城県で、17日より一部地域を除きサービスを再開すると発表した。同社ウェブサイトで配達可能地域、サービスの詳細を公開している。

【東日本大地震】宅配便の受付を中止 画像
自動車 ビジネス

【東日本大地震】宅配便の受付を中止

東北地方太平洋沖地震(東日本大地震)の影響で物流にも大きな混乱が生じている。

ヤマト運輸、香港で宅配便事業を開始…日本同様のサービスで需要開拓へ 画像
自動車 ビジネス

ヤマト運輸、香港で宅配便事業を開始…日本同様のサービスで需要開拓へ

ヤマトホールディングスは、子会社である香港ヤマト運輸が香港で宅急便事業を開始したことを明らかにした。2月18日に現地で開業記念式典を開催する。

ヤマトHD、19年までに宅配便シェア50%超…中長期経営計画 画像
自動車 ビジネス

ヤマトHD、19年までに宅配便シェア50%超…中長期経営計画

ヤマトホールディングスは、2019年度までの長期経営計画「DAN-TOTSU経営計画2019」と、2011年度から2013年度までの中期経営計画「DAN-TOTSU3か年計画HOP」を策定した。

ヤマトHD社長に、木川ヤマト運輸社長が昇格 画像
自動車 ビジネス

ヤマトHD社長に、木川ヤマト運輸社長が昇格

ヤマトホールディングスは、4月1日付けで、ヤマト運輸社長でもある木川眞取締役執行役員が代表取締役社長・社長執行役員に昇格するトップ人事を発表した。

ヤマトHD、マレーシアで宅急便事業を展開へ 画像
自動車 ビジネス

ヤマトHD、マレーシアで宅急便事業を展開へ

ヤマトホールディングスは、マレーシアで宅急便事業に乗り出すと発表した。東南アジアは、中国、インド、日本・韓国・台湾、オーストラリアなどに囲まれているという地理的特性から、輸出と内需の拡大による経済成長が目覚ましい。

ヤマト、羽田に同社最大の物流ターミナルを新設 画像
自動車 ビジネス

ヤマト、羽田に同社最大の物流ターミナルを新設

ヤマト運輸は、国際旅客ターミナルのオープンで国際化が見込まれる羽田空港近隣に「羽田物流ターミナル」を新設する。

ヤマト、香港で宅急便事業 画像
自動車 ビジネス

ヤマト、香港で宅急便事業

ヤマトホールディングスは、香港で宅急便事業、コレクト事業を展開すると発表した。

三菱の商用EV、200万円以下で2011年末発売へ 画像
エコカー

三菱の商用EV、200万円以下で2011年末発売へ

三菱自動車は14日、ヤマト運輸と商用電気自動車(EV)を活用した集配の実証試験を行うことを発表した。同日行われた共同会見で三菱自動車の益子修社長は、商用EVの市販化計画について言及し、「2011年末までに販売できるよう開発を進める」ことを明らかにした。

EV集配車の実証試験 ヤマト運輸と三菱自動車が実施 画像
エコカー

EV集配車の実証試験 ヤマト運輸と三菱自動車が実施

ヤマト運輸と三菱自動車は、軽商用電気自動車(EV)を活用した集配の実証走行試験を実施すると発表した。

宅配便、2年連続減少---09年度実績 画像
自動車 ビジネス

宅配便、2年連続減少---09年度実績

国土交通省がまとめた、2009年度の宅配便取扱実績によると、トラックによる宅配便の取扱個数は、景気低迷の影響で前年度比2.2%減の31億776万個にとどまった。初めて減少に転じた2008年度に続き、2年連続での減少となる。

始業時間前に荷物を配送 ヤマト運輸がサービス開始 画像
自動車 ビジネス

始業時間前に荷物を配送 ヤマト運輸がサービス開始

ヤマト運輸は、全国の主要都市へ翌朝9時までに荷物を配送する「S-PAT(スパット)9時便」の取り扱いを6月28日から開始する。

ヤマト運輸とNEC、安全・エコ運転サポートを集配車に導入 画像
自動車 テクノロジー

ヤマト運輸とNEC、安全・エコ運転サポートを集配車に導入

ヤマト運輸とNECは25日、セールスドライバーがより安全で環境にやさしい運転ができるよう支援する車載システム「See-T Navi(シーティーナビ)」を共同開発し、3月から順次集配車両に搭載すると発表した。

    先頭 << 前 < 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 …10 ・・・> 次
Page 9 of 12