2015年3月のスバル(ブランド、自動車)に関するニュースまとめ一覧

メーカーとしての原点を、戦前の航空機メーカー中島飛行機に持ち、創業期に元航空技術者たちが自動車開発に携わってきたという歴史から、航空機に通じる機能性・合理性優先で、既成概念に囚われないユニークなメカニズムを特徴とする自動車を多く送り出してきた。そのスタンスは日本の自動車メーカーの中でも、特に技術至上主義の傾向が強い。中でも、自動車技術者百瀬晋六は有名な存在である。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関連インデックス
SUBARU スバル(コーポレート、企業動向) スバルWRC スバル R1 スバル R2 スバル インプレッサ スバル ヴィヴィオ スバル エクシーガ スバル ジャスティ スバル ステラ スバル デックス スバル トラヴィック スバル BRZ スバル フォレスター スバル プレオ スバル レガシィ スバル コンセプトカー トヨタ自動車 スバル XV スバル アイサイト(EyeSight) スバル サンバー スバル トレジア スバル ルクラ
【ニューヨークモーターショー15】スバル WRX STI にラリークロスカー…2.0ターボは580hp 画像
自動車 ニューモデル

【ニューヨークモーターショー15】スバル WRX STI にラリークロスカー…2.0ターボは580hp

スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは3月30日、米国で4月1日に開幕するニューヨークモーターショー15において、新型『WRX STI』の「ラリークロスカー」を初公開すると発表した。

【国産SUV 比較試乗】CX-5、ハリアー、フォレスター、三“車”三様きわだつ個性…森野恭行 画像
自動車 ビジネス

【国産SUV 比較試乗】CX-5、ハリアー、フォレスター、三“車”三様きわだつ個性…森野恭行

今のSUVの高い人気は、一過性のブームではなく、市場にしっかりと定着したものだ。

スバルの次世代プラットフォームに求められた意外な性能とは 画像
自動車 ビジネス

スバルの次世代プラットフォームに求められた意外な性能とは

スバルの次世代プラットフォーム「SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)」には、意外な性能が求められていた。

スバルが「動的質感」と突然のように言い出したワケ 画像
自動車 ビジネス

スバルが「動的質感」と突然のように言い出したワケ

、スバル技術本部車両研究実験第一部長(兼)スバル研究実験センターセンター長である藤貫哲郎氏は、現在のスバルの運動性能開発への取り組みを説明した。

【Dセグセダン 徹底比較】アテンザ、3シリーズ、レガシィ、それぞれが目指したもの…森口将之 画像
自動車 ニューモデル

【Dセグセダン 徹底比較】アテンザ、3シリーズ、レガシィ、それぞれが目指したもの…森口将之

2~2.5リットルクラス、ヨーロッパ流に言えばDセグメントの国産セダンは、完成度の高い車種が多い。国内ではあまり販売台数が稼げないが、グローバルでは主力車種のひとつであり、クルマの出来が販売に直結することが大きそうだ。

定常領域のスペックでは表せない「動的質感」…スバルが目指す車づくり 画像
自動車 ビジネス

定常領域のスペックでは表せない「動的質感」…スバルが目指す車づくり

スバルでは、モデルチェンジやマイナーチェンジとは別に年次更新として、車の細部の改良・改善を続けている。そこでスバルが求めているのは「動的質感」の向上だという。

レヴォーグ 欧州販売は年内? 技術開発の一部は日本にもフィードバックも 画像
自動車 ビジネス

レヴォーグ 欧州販売は年内? 技術開発の一部は日本にもフィードバックも

スバル商品企画本部プロジェクトジェネラルマネージャ 熊谷泰典氏に、レヴォーグの欧州仕様車について聞いてみた。

スバル、GT・ニュル優勝へ新マシンに「手応え」…モータースポーツファンイベントで 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル、GT・ニュル優勝へ新マシンに「手応え」…モータースポーツファンイベントで

スバルは22日、「SUBARU 2015 ファンミーティング」を開催。会場となった恵比寿のスバル本社ビル1階のショールームには、多くのファンが来場した。

【AnimeJapan15】スバル公式、痛車 レヴォーグ 登場…放課後のプレアデス 画像
自動車 ビジネス

【AnimeJapan15】スバル公式、痛車 レヴォーグ 登場…放課後のプレアデス

AnimeJapan 2015に出展したワーナー エンターテイメント ジャパンは、ブースにおいて2015年の最新作を一挙に披露。スバル『レヴォーグ』の「放課後のプレアデス」公式痛車を展示。

【春ドライブ】桜の鎌倉、香りが紡ぐ思い出と安心 画像
自動車 ビジネス

【春ドライブ】桜の鎌倉、香りが紡ぐ思い出と安心

春の卒業シーズンを迎え、ほどなく桜前線が北上を始める。別れもあれば出会いのある季節。外出する機会も増え、自然にクルマで少し足を伸ばしてみたくなる。

スバル、自転車で浅間山麓を走る「グランフォンド軽井沢 2015」に協賛 画像
自動車 ビジネス

スバル、自転車で浅間山麓を走る「グランフォンド軽井沢 2015」に協賛

グランフォンド軽井沢実行委員会は、「グランフォンド軽井沢 2015」の特別協賛に富士重工業が新たに決定したことに伴い、大会名称を「グランフォンド軽井沢 2015 presented by SUBARU」として開催すると発表した。

スバル米国販売、18.5%増の4万台超え…過去最高 2月 画像
自動車 ビジネス

スバル米国販売、18.5%増の4万台超え…過去最高 2月

スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは3月3日、2月の新車販売の結果を公表した。総販売台数は、2月としては過去最高の4万1358台。前年同月比は18.5%増で、39か月連続で前年実績を上回った。

ニュル24時間に挑む佐々木孝太、今季型 WRX STI に「前後の一体感ある」 画像
モータースポーツ/エンタメ

ニュル24時間に挑む佐々木孝太、今季型 WRX STI に「前後の一体感ある」

4日、富士スピードウェイで「SUBARU WRX STI」の今季型ニュルブルクリンク24時間レース挑戦車を初ドライブした佐々木孝太は、「ライバルは手強いけど」と前置きしながらも、3年ぶりのクラス優勝に向けて「前後の一体感がある」など、新車への好印象を語った。

スバルSTI 辰己総監督、3年ぶりのニュル優勝へ「1周9分を切る速さ必要」 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバルSTI 辰己総監督、3年ぶりのニュル優勝へ「1周9分を切る速さ必要」

4日に富士スピードウェイで今季のニュルブルクリンク24時間レース参戦車をシェイクダウンしたスバル/STI。3年ぶりのクラス優勝を目指す辰己英治総監督は、今季型「SUBARU WRX STI」で「1周9分を切るタイムを目指す」決意を語っている。

スバル WRX STI、ニュル24時間参戦車がシェイクダウン…「左ハンドル」で王座奪還へ 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル WRX STI、ニュル24時間参戦車がシェイクダウン…「左ハンドル」で王座奪還へ

4日、スバル/STIは2015年ニュルブルクリンク24時間レースに参戦する「SUBARU WRX STI」のシェイクダウンテストを富士スピードウェイにて実施。2か月半後のレース本番に向けて、本格的なスタートを切っている。

    1 2 > 次
Page 1 of 2