JR貨物が貨物駅の移送トラックにバイオ燃料を導入 機関車での使用も検討 3枚目の写真(全3枚)
ユーグレナ社が提供する次世代バイオ燃料『サステオ』。同社は2005年、石垣島で世界初の微細藻類ユーグレナによる食用屋外大量培養技術の確立に成功したという。
《画像提供 日本貨物鉄道》ユーグレナ社が提供する次世代バイオ燃料『サステオ』。同社は2005年、石垣島で世界初の微細藻類ユーグレナによる食用屋外大量培養技術の確立に成功したという。
長押しで
自動スライド

編集部おすすめのニュース