阪神高速、新たに8料金所をETC専用に…3月1日より

ETC専用料金所
  • ETC専用料金所
  • 今回新たに運用開始する入口料金所
  • ETC専用料金所(西宮浜入口)

阪神高速道路は、新たに8か所の料金所について、3月1日からETC専用として運用すると発表した。

今回新たにETC専用料金所となるのは、3号神戸線の海老江、4号湾岸線の浜寺・泉大津(北行)・岸和田南(北行)・泉佐野北、5号湾岸線の深江浜・深江浜(東行)・南芦屋浜の8か所。阪神高速ではETC専用料金所の運用開始に合わせ、入口付近の一般道の案内標識にETC専用の標示板を設置する。

なお、ETC車載器を搭載していない車両が誤ってETC専用料金所に入った場合は、後退せずに「サポート」または「ETC/サポート」と表示されたレーンに進み、一旦停止してインターホン等による係員の指示に従う。

阪神高速のETC専用料金所は、2022年5月27日より運用を開始している2号淀川左岸線の淀川左岸舞洲、4号湾岸線の高石・岸和田南(南行)、5号湾岸線の西宮浜・甲子園浜とあわせ合計13か所となる。

《纐纈敏也@DAYS》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集