ネッツトヨタ愛知、不正車検問題で罰金50万円…従業員は不起訴

ネッツトヨタ愛知は4月26日、プラザ豊橋店における不正車検問題で、豊橋簡易裁判所から道路運送車両法違反の疑いで罰金50万円の略式命令を受けたと発表した。なお、プラザ豊橋店の従業員10名については不起訴処分となった。

ネッツトヨタ愛知 プラザ豊橋店では2020年12月22日、愛知運輸支局による監査にて車検整備での違反行為が発覚した。これを受け、過去2年間に車検整備を行った5158台を対象に社内調査を実施。その結果、保安基準適合証の交付や指定整備記録簿の記載に不正があったことが判明し、2021年3月30日に指定整備業務の取り消し処分を受けていた。

同社では今後、業務基準の見直しや監査の強化、本部による教育・指導の強化、サービスオペレーションの見直しなどを図り、再発防止に努めていく。


《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集