ボルボカーズ、新CEOを任命 2022年3月就任

ボルボカーズの新社長兼CEOに任命されたジム・ローワン氏
  • ボルボカーズの新社長兼CEOに任命されたジム・ローワン氏
  • ボルボカーズのホーカン・サムエルソン社長兼CEO

ボルボカーズ(Volvo Cars)は1月4日、ジム・ローワン氏を、新たな社長兼CEOに任命すると発表した。2022年3月21日付けで、就任する予定だ。

ジム・ローワン氏は現在、Ember TechnologiesのCEOの地位にある。以前は、家電などを手がけるダイソングループのCEOを務めていた。ダイソンの前職は、ブラックベリーのCOO(最高財務責任者)だった。

なお、ホーカン・サムエルソン社長兼CEOは、任期満了となる。サムエルソン氏は2012年10月、CEOに就任。以来、ボルボカーズは新開発のプラットフォーム、パワートレイン、安全システム、インフォテインメント技術を導入し、プレミアムセグメントにおいて、強力な地位を確立してきた。

また、サムエルソン社長兼CEOは2017年、自動車メーカーとして最初に、全ラインナップの電動化を宣言した。これに他社が追従し、世界的な電動化への大きな流れを生み出す契機になった。

なお、サムエルソン氏は引き続き、ボルボカーズ傘下のポールスターの会長を務める、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース