米ホンダ、道路補修に車載の安全技術を活用…マーキング

ホンダ・リサーチ・インスティチュートが開発している車載技術をベースに路面の状態を評価するモニタリングシステム
  • ホンダ・リサーチ・インスティチュートが開発している車載技術をベースに路面の状態を評価するモニタリングシステム

ホンダ(Honda)の米国部門は12月14日、米国の研究開発子会社のホンダ・リサーチ・インスティチュートが、道路事業者向けに、道路路面の状態を評価するモニタリングシステムを開発している、と発表した。

ホンダ・リサーチ・インスティチュートは、走行する路面の状態を車載デバイスが評価し、起こりうる危険を検出するための路面状態モニターシステムを開発している。この路面状態モニターシステムによりホンダは、道路事業者がより頻繁に、効率的かつ費用効果の高い方法で、車線のマーキング状況をモニターできるように支援していく。

ホンダ・リサーチ・インスティチュートは、オハイオ州で試験プログラムを実施。GPSとカメラなどのセンサーを使用して、道路事業者と共有できるリアルタイムの路面状態情報収集システムを評価している。ホンダはオハイオ州運輸局と協力しており、オハイオ州の道路維持管理業務の効率を高めるために、パイロットプログラムの一環として使用されたホンダの車両から、2022年初頭に路面状態データの提供を開始する予定だ。

路面に引かれた車線の状態を監視する場合、システムは、グリーン、イエロー、グレー、レッドの4つのカラーコードを使用して、車両の左側と右側の車線を視覚的に分類する。グリーンとイエローは、車線の表示状態が理想的、または良好を意味する。車線の表示がない場合はグレー、車線表示の修復が必要な場合、赤色が表示される。

写真や映像、経度と緯度などの情報は、車両に取り込まれ、匿名化されてから、分析のために安全なプラットフォームにストリーミングされる。道路事業者はこのプラットフォームにアクセスして、車線の状態が悪い場所やその重大度などを特定し、現場の写真や映像も取得できる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース