ハーレー最後の空冷スポーツスター? 日本限定『フォーティーエイト ファイナルエディション』発表

ハーレー フォーティーエイト ファイナルエディション
  • ハーレー フォーティーエイト ファイナルエディション
  • ハーレー フォーティーエイト ファイナルエディション
  • ハーレー フォーティーエイト ファイナルエディション
  • ハーレー フォーティーエイト ファイナルエディション
  • ハーレー フォーティーエイト ファイナルエディション
  • ハーレー フォーティーエイト ファイナルエディション
  • ハーレー フォーティーエイト ファイナルエディション
  • ハーレー フォーティーエイト ファイナルエディション

ハーレーダビッドソンジャパンは、スポーツスターファミリーの日本限定モデル『フォーティーエイト ファイナルエディション』を発表。12月6日より予約販売を開始する。

日本限定1300台のフォーティーエイト ファイナルエディションは、1200cc空冷エボリューションVツインエンジンと象徴的なピーナッツタンクはそのままに、特別パーツを多数装着。ゴールドのスタッズと、レザーに刻まれたバーアンドアンドシールドが象徴的なボバーソロサドル、「FINAL EDITION」の文字と赤色のシリアルナンバーが輝く車体右面のサイドカバー、ハーレーの伝統を感じさせるノスタルジックハンドグリップ、ノスタルジック バーアンドシールド エアクリーナーカバーやクラシックタイマーカバーなど、限定モデルにふさわしい装飾が各所に散りばめられている。

価格はブラックが179万9600円、リーフブルーおよびホワイトサンドパーが183万0400円。納車は2022年春より順次開始予定。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集