ドコモドライバーズサポート、セゾン自動車火災との事故データ自動連携を開始

事故対応サービスの連携イメージ
  • 事故対応サービスの連携イメージ

NTTドコモは、通信型ドライブレコーダーを活用した「ドコモ ドライバーズサポート」にて、セゾン自動車火災が提供する事故対応サービスとの連携を11月29日から開始した。

ドコモ ドライバーズサポートでは、eSIMを内蔵した通信型ドライブレコーダー「DDR01」とスマートフォンアプリ、クラウドを連携。事故・トラブル発生時の映像や車両位置情報を記録するとともに、リアルタイムで家族に通知したり、駐車中の異常を検知して自動でアプリに通知する。今回、セゾン自動車火災の事故対応サービスと連携し、事故発生時の迅速な対応および解決までの総合的なサポートを提供する。

ドコモ ドライバーズサポートの利用客でセゾン自動車火災の「おとなの自動車保険」を契約の場合、ドコモ ドライバーズサポートのアプリから外部サービス連携設定でセゾン自動車火災を登録すると、ドコモのドライブレコーダーにて事故相当の衝撃を感知した際に、セゾン自動車火災へ映像や車両の位置情報などの事故データを自動連携。その後、セゾン自動車火災に事故の連絡をした際には、事故データを確認したセゾン自動車火災の事故専任担当者から迅速な対応を受けられるほか、示談交渉や過失割合判定のための映像データを別途提出することなく、スムーズに事故解決を進めることができる。

また、ドコモのドライブレコーダーにて衝撃を感知後、顧客から事故の連絡が一定期間ない場合には、セゾン自動車火災から事故状況を確認するメールを送信。事故対応から事故解決までのサポートを行うこともできる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集