都営新宿線の10両化が最終局面に…残る8両編成8本を11月28日から順次置換え

10両編成の10-300形6次車。
  • 10両編成の10-300形6次車。
  • 10-300形6次車の車内。
  • 10-300形6次車の防犯カメラ。

東京都交通局は11月26日、都営新宿線(新宿~本八幡)の10両編成化が最終局面に入ったことを明らかにした。

同線は現在、2005年に登場した10-300(いちまるさんびゃく)形で運行されているが、2010年6月には1次車の8両編成4本に2両を増結した2次車の第一陣が運行を開始。その後、10-000(いちまん)形、10-300R形を置き換える形で、2017年度までに3~5次車として10両編成16本が新造され、10-300形は28本中20本が10両化された。

これにより8両編成で残る10-300形は1次車8本となったが、これらは10両編成の新造6次車に置き換えられることになっており、最初の1本が11月28日に運行を開始する予定。この6次車には、全車に防犯カメラや低い吊り手、荷棚、フリースペース、ドア開案内装置を設置。抗ウイルスコーティングも施工される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集