優良カーシェアオーナー・ドライバーを認定…エニカ

エニカ スーパーユーザー認定制度
  • エニカ スーパーユーザー認定制度
  • Anyca Safety Vision
  • Anyca Safety Vision

DeNA SOMPOモビリティの個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は、安心で質の高いシェアをおこなってきたユーザーに対して認定を行う「スーパーユーザー認定制度」を11月15日より開始した。

スーパーユーザー認定制度とは、丁寧なおもてなしや、細やかな気遣い、日々のカーシェアでの努力を認定というかたちで讃えるもの。同制度では、オーナーだけでなく、ドライバーもスーパーユーザーを目指すことでき、ホスピタリティのある対応を増やし、双方がさらに安心して満足できるシェアの実現を目指す。

認定には申請は不要で、オーナーとドライバーそれぞれ異なった審査基準で自動で審査が行われる。スーパーユーザーに認定されるとアイコンにバッジが追加され、全ユーザーに対して表示されるため、初心者でも一目で良いオーナー、ドライバーであるかを認識できる。

審査は3か月に1度、今までのエニカの利用実績と審査対象期間の実績をもとに行う。オーナー・ドライバーとも、エニカ利用実績が1回以上(年間4回以上)が対象で、審査基準は3回以上の同一ドライバー・オーナーとのシェア実績、レビューの平均スコアが4.8以上、受渡/返却手続き完遂率100%など。全基準をクリアすると、次回の審査までの3か月間バッジを獲得・維持できる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース