VWの電動SUVクーペ『ID.5』 高性能版「GTX」とともに11月3日発表へ

フォルクスワーゲン ID.5 GTX のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン ID.5 GTX のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン ID.5 GTX のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン ID.5 GTX のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン ID.5 GTX のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン ID.5 GTX のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン ID.5 GTX のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン ID.5 GTX のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン ID.5 GTX のプロトタイプ

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は11月2日、『ID.5 GTX』に加えて、『ID.5』も11月3日、ワールドプレミアすると発表した。

フォルクスワーゲンはすでに、ID.5 GTXのプロトタイプの写真を公開している。「GTX」はパフォーマンスとデザインを重視し、「GTI」やプラグインハイブリッド車(PHV)の「GTE」と並んで、フォルクスワーゲンのEVのトップパフォーマンスモデルに位置付けられる。ID.5 GTXは、すでに欧州で発表されているID.4 GTXに続く、GTX第2弾モデルとなる。

ID.5 GTXのベース車両となるID.5も11月3日、同時にワールドプレミアされることが決定した。ID.5とID.5 GTXは、フォルクスワーゲンブランド初のフル電動SUVクーペで、フォルクスワーゲンの新世代EVの「ID.」ファミリーの中では、電動SUVの『ID.4』のクーペ版に位置づけられる。

ID.5 GTXは、フォルクスワーゲングループの新世代EV向け車台「MEB」をベースに、前後アクスルにモーターを積む「デュアルモーター4WD」システムを搭載する。フル電動SUVクーペとして、エレガントなデザインと強力なツインモーター+4WDを採用しているのが特徴だ。また、ID.5 GTXはフルコネクテッドEVを標榜しており、無線でソフトウェア更新を受信できるという。車両が他車やインフラと通信を行う「Car2X」テクノロジーも搭載している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース