ロールスロイスの新「ブラックバッジ」発表へ…ゴースト新型の可能性も 10月28日

ロールスロイスの新「ブラックバッジ」のティザースケッチ
  • ロールスロイスの新「ブラックバッジ」のティザースケッチ
  • ロールスロイス・ゴースト 新型(参考)
  • ロールスロイス・ゴースト 新型(参考)
  • ロールスロイス・ゴースト 新型(参考)
  • ロールスロイス・ゴースト 新型(参考)
  • ロールスロイス・ゴースト 新型(参考)
  • ロールスロイス・ゴースト 新型(参考)

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は10月21日、新たな「ブラックバッジ」モデルを10月28日に初公開すると発表した。

ロールスロイスのブラックバッジは、若い顧客に訴求するモデル。ボディカラーは黒がメインだ。現在、SUVの『カリナン』をはじめ、クーペの『レイス』、オープンカーの『ドーン』などに、ブラックバッジが用意されている。

ロールスロイスは、新たなブラックバッジモデルを10月28日に初公開する予定だ。ロールスロイスはティザースケッチを1点、配信した。新型『ゴースト』にブラックバッジが設定される可能性がある。

新型ゴーストは、ロールスロイスがこれまで生産したモデルの中で、最も技術的に進歩した車になっているという。初代ゴーストから受け継いだコンポーネントは、ボンネットフードのマスコット、「スピリット・オブ・エクスタシー」とアンブレラだけだ。

それ以外のすべてが、ゼロからデザイン、開発、製作された。その結果、ロールスロイス史上、最も技術的に進歩したモデルが誕生したという。「豊かな時代後」の精神に基づき、表面的な富を象徴するきらびやかなデザインを排除している。

これからどうなるEV/PHEV? 自動車工業会の豊田章男会長は、急速なEV普及は、国内約550万人の雇用に影響を及ぼすとし、また現在の電源構成比では火力発電の……

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース