「違う大阪を探す旅」がパワーアップ…帰ってきた大阪の「謎解きメトロ旅」 10月28日から

東京都渋谷区に本社を置く株式会社SCRAPは、10月28日からナゾトキ街歩きゲーム「謎解きメトロ旅2021」を実施する。

これは大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)とコラボレーションした「周遊型リアル脱出ゲーム」の新作。「まだ知らない大阪のスポットを謎によって再発見する旅」をコンセプトに、大阪の地下鉄やバスを最大限に利用して、大阪中に仕掛けられた謎を解き進めゴールを目指すというもの。

地下鉄とコラボレーションした「周遊型リアル脱出ゲーム」はこれまで延べ40万人以上が参加しており、2020年に初めて実施された大阪バージョンでは4カ月間で約3万人が参加。「自分では行かないところに行けて知れてよかった」「新しい大阪を知れた!」「東京でやっていたものがついに大阪に!」「友達や恋人と一緒に解くもよし、一人でのんびり解くのもよし」「北海道から引っ越してきて参加したが、大阪を知れてよかった」という感想が寄せられたという。

今回も昨年に続いて「違う大阪を探す旅」となるが、開催場所は異なっており、謎解き問題もパワーアップ。SCRAPでは「感動的なラストがあなたをお待ちしております!(意味深・・・)」とアピールしている。

参加には大阪メトロの定期券発売所や駅構内のローソンなどで10月28日から発売する、専用1日乗車券付きの「謎解きキット」(2400円)が必要。2022年5月31日まで実施される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース