「私の愛蔵品を引き継いで」アストンマーティンのミニカー32台、終活ショップに出品中

アストン・マーティンV8ヴォランテプリンスオブウエールズ  1989年
  • アストン・マーティンV8ヴォランテプリンスオブウエールズ  1989年
  • アストン・マーティン One-77 2010年
  • アストン・マーティン ヴァンキッシュ 2013年
  • アストン・マーティン V12ヴァンテージ GT3  2012年
  • アストン・マーティン ラピード 2013年
  • アストン・マーティン DBR92005年プレゼンテーションヴァージョン

「終活ショップ絆モデルカー店」では、オープン記念に「アストン・マーティン・フェア」を開催。1/43スケールの店主愛蔵品32台を一挙公開している。

終活を考える年代になった収集家には、元気な間に自分の意思で同じ趣味を持つ収集家に譲ることで、自ら収集した愛蔵品を末長く大切にしてほしいという気持ちがある。その橋渡しをするのが「終活ショップ絆」。今回のモデルカー店はその第1弾となる。

70歳となる店主ASTON-HAMADA氏は、1964年封切りの映画『007ゴールドフィンガー』を見て、劇中のシルバーのアストンマーティン『DB5』に魅了されて以来、アストンマーティンを中心に約23年間に渡り収集したモデルカーは約800台。今回、アストンマーティンをこよなく愛する蒐集家に引き継がれ、末長く愛蔵品として大切に側においてもらいたいという想いで、モデルカー32台を厳選して出品する。

モデルカーは店主が蒐集を始めるきっかけとなった英国のホワイトメタル素材メーカー SMTS製、高級レジンメーカー TECNOMODELやエイドロンの絶版・限定品、 そして発売後すぐ品切れとなるMINICHAMPSやSparkの製品など。価格は6250円から5万5750円となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集