モトグッツィ V85TT 改良新型…低中回転域でのトルク向上、チューブレス化も

ピアッジオグループジャパンは、モトグッツィのクラシックトラベルエンデューロ『V85TT』シリーズ3モデルを改良。4月13日より受注を開始し、6月より順次出荷を行う。

今回、ユーロ5規格に適合したOHV縦置きVツインエンジンを改良。アルミ製ローラーカムとチタン製42.5mmインテークバルブを備えたロッカーアームプッシュロッドを採用し、バルブの昇降を最適化、それに伴うエンジン制御エレクトロニクスの適合により、低・中回転域でのトルクを向上させた。

ライディングモードは従来の「ロード」「レイン」「オフロード」に加え、新たに「スポーツ」と「カスタム」を追加した。スポーツはオンロードでのスポーツ走行に特化。中レベルのトラクションコントロールのキャリブレーション、両ホイールでのABS作動、よりアグレッシブなスロットルレスポンスが特徴だ。カスタムではユーザーが電子制御レベルを自由に組み合わせることが可能。リアホイールのABSを無効にすることもできる。

また、新しいスポークホイールにはオンロードでの使用に適したチューブレスタイヤを装着する。

価格はV85TTが149万6000円、専用グラフィックを採用する100周年記念スペシャルエディションが151万8000円。パニアケース&大型スクリーン装備のV85TTトラベルが167万2000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース