気分は南極観測隊員…折りたたみコンテナ、砕氷艦「しらせ」がモチーフ

南氷洋の氷を割って航海する海上自衛隊の砕氷艦で南極観測船の「しらせ」。キャラクターグッズを企画・開発・販売するグルーヴガレージは、しらせ(2代目、艦番号AGB-5003)をモチーフとした折りたたみコンテナを企画、このほど予約の受注を開始した。

折りたたみコンテナはプラスチック(PP樹脂)製、南極観測船をイメージしたオレンジとグレーの2色で成形されている。長側面にはしらせの艦影と5003の番号、短側面には、海上自衛隊の装備品マークと南極大陸がプリントされている。

使用時のサイズは外寸:530×366×334mm、内寸:494×336×303mm、有効内寸:493×335×303mm、容量:50.1リットルとなる。折りたたむと高さは95mmのコンパクトサイズになる。重量は約2.65kg。カギやインシュロックを使用することでフタをロックすることも可能だ。

製造はパレット、コンテナなど物流資材の開発、製造で定評のある三甲だ。物流現場で酷使されているプラスチックコンテナのメーカーだけに、強度、耐久性ともに折り紙つきといっていいだろう。

価格は消費税込7150円。アマゾンやヴィレッジヴァンガードなどのオンラインショップで予約を受け付けている。発送は5月下旬から順次予定。
海上自衛隊砕氷艦しらせ(AGB-5003)海上自衛隊砕氷艦しらせ(AGB-5003)

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース