猫がクルマに入り込んだことによるトラブル…冬だけではない

日本自動車連盟(JAF)は、2月22日、1月1日から31日にかけて発生した“猫がクルマに入り込んだことによるトラブル”の救援要請件数を発表した。

1月の1ヶ月間でドライバーから「エンジンルームに猫が入り込んでしまった」とロードサービスを要請された件数は、全国で22件あったという。そのうち、エンジン始動後に気づき救援要請されたと明確にわかるものは8件あったそう。

猫が入り込んでいることに気が付かずエンジンをかけてしまうと、エンジンベルトなどに巻き込まれる場合がある。ベルトに巻き込まれてしまうとそのベルトが千切れてしまったり、千切れなくとも洗浄が必要になる可能性がある。

JAFは、猫の命を守るためにも、乗車前にボンネットなどエンジンルーム付近を優しく叩くことを呼びかけている。ただし、ボンネットを叩くいわゆる“猫ばんばん”は有効だが、万能ではないとしている。叩いて出てくるかは猫にもよるため、叩いた後に猫の声や気配を感じたらボンネットを開け、中まで確認するようにしてほしいとのこと。

猫は寒い冬に暖かい場所を求めてエンジンルームに入り込むと思われがちだが、JAFには1年を通して猫がクルマに入り込むトラブルの救援要請があるのだそう。それは、猫は暖かい場所だけでなく、狭い場所も好む傾向にあるからだと考えられる。駐車しているクルマのエンジンルームは風雨が入りにくく暗く狭い空間で、警戒心の強い猫にとっては安心できるようだとし、冬場に限らず注意するようにと呼びかけている。

《鈴木まゆこ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース