フェラーリ、純利益は58%増 2020年第4四半期決算

フェラーリ(Ferrari)は2月2日、2020年の通期(1~12月)と2020年の第4四半期(10~12月)の決算を発表した。

同社の発表によると、2020年通期(1~12月)の売上高は、34億6000万ユーロ(約4375億円)。前年実績の37億6600万ユーロに対して、8%減とマイナスに転じた。

2020年通期の純利益は、6億0900万ユーロ(約770億円)。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受けて、前年の6億9900万ユーロから、13%の減益となっている。

一方、2020年第4四半期(10~12月)の売上高は、10億6900万ユーロ(約1350億円)。前年同期の9億2700万ユーロに対して、15%増とプラスを維持した。

また、2020年第4四半期の純利益は、2億6300万ユーロ(約333億円)。前年同期の1億6600万ユーロに対して、58%増を達成している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース