横浜ゴム、ジオランダー CV G058がシカゴ・アテネウム グッドデザイン賞を受賞

横浜ゴムは、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「ジオランダー」のクロスオーバーSUV向けグランドツーリングタイヤ「ジオランダー CV G058」が「シカゴ・アテネウム グッドデザイン賞 2020」を受賞したと発表した。

シカゴ・アテネウム グッドデザイン賞は、1950年に設立された世界で最も歴史があり国際的に権威のあるデザイン賞として、シカゴ・アテネウム建築・デザイン博物館が主催。審査は専門家によりデザインや新技術、素材や機能などの面から行われ、2020年は電子機器や輸送関連品、医療機器などの様々な分野から世界47か国以上の900を超える製品やグラフィックがグッドデザイン賞を受賞した。

ジオランダー CV G058は街中での走行に対応しつつ快適なロングドライブにも応えるグランドツーリングタイヤ。安全性や静粛性などハイウェイテレーンタイヤとしての基本性能に加え、耐摩耗性能や低燃費性能に配慮している。さらに、急な降雪にも対応する「M+S(マッド&スノー)」規格となる。

横浜ゴムはジオランダーをはじめとした高性能かつデザイン性の高い商品を積極的に投入。2019年もハイパフォーマンスクロスオーバーSUV向けタイヤ「ジオランダー X-CV」、SUV・ピックアップトラック用タイヤ「ジオランダー X-AT」の2商品がシカゴ・アテネウム グッドデザイン賞を受賞している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース