日本製鉄、超ハイテン鋼板の供給体制を強化 自動車業界の車体軽量化ニーズに対応

日本製鉄は、東日本製鉄所君津地区にて、第6CGL(溶融亜鉛めっき設備)の商業運転を開始したと発表した。

第6CGLでは月産能力は3万3000トン、強度1.5GPa級の超ハイテン鋼板(高張力鋼)の製造が可能だ。

自動車業界では、世界的に環境規制強化と衝突安全基準の厳格化が進み、車体の軽量化・高強度化ニーズの高まりから、各自動車メーカーでの超ハイテン適用が増加しており、今後も需要拡大が見込まれる。また今後、普及が見込まれる電気自動車などの電動車でも、走行距離やバッテリー重量の問題により、車体軽量化のニーズが高まるものと考えられる。

日本製鐵では、超ハイテン鋼板の供給体制を強化することで、車体の軽量化・高強度化を実現する超ハイテン鋼板のニーズ拡大に対応していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【日産 ノート 新型】ユニプレスの1.5GPa 級超ハイテン材車体骨格部品を採用 画像 【日産 ノート 新型】ユニプレスの1.5GPa 級超ハイテン材車体骨格部品を採用
  • マツダ3 新型に、世界初となる1310MPaハイテン採用…新日鉄住金とマツダが共同開発 画像 マツダ3 新型に、世界初となる1310MPaハイテン採用…新日鉄住金とマツダが共同開発
  • インフィニティ QX50、高成形性980MPa級超ハイテン材を世界初採用 軽量化に貢献 画像 インフィニティ QX50、高成形性980MPa級超ハイテン材を世界初採用 軽量化に貢献
  • 神戸製鋼、加古川製鉄所で自動車用ハイテン鋼板生産拡大へ 画像 神戸製鋼、加古川製鉄所で自動車用ハイテン鋼板生産拡大へ

特集

おすすめのニュース