米スタートアップのEV向け専用タイヤ ピレリが開発

リビアンがピレリのタイヤを採用
  • リビアンがピレリのタイヤを採用
  • リビアンがピレリのタイヤを採用
  • リビアンがピレリのタイヤを採用
  • リビアンがピレリのタイヤを採用

米国の電気自動車(EV)スタートアップ企業のリビアンは、電動ピックアップトラック『R1T』と電動SUV『R1S』のタイヤに、ピレリの『スコーピオン』を採用する。ピレリが11月2日、発表した。R1TとR1Sは2021年6月に生産を開始する。

ピレリでは「ピレリ・パーフェクトフィット戦略」に沿って、リビアン向け専用タイヤを開発した。レンジはスコーピオンの「ヴェルデ・オールシーズン」、「ゼロ・オールシーズン」、SUV/ピックアップ専用タイヤの「オールトーン」の3種類。

リビアン専用タイヤには「RIV」と「Elect」のマーキングが施される。「Elect」は、EV用に設計されたピレリタイヤで、転がり抵抗を低減して航続を延ばすことにつながる。タイヤノイズも低減しているほか、タイヤのトラクション性能の向上を図った。

ピレリとリビアンは、約2年間にわたって共同開発し、20、21、22インチの専用タイヤを開発した。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース