Suicaと共用できる…PASMOのApple Pay対応がスタート

モバイルでチャージできるため、オートチャージ設定がなくてもチャージ機に並ぶ手間が省けるApple Pay版PASMO。Suicaとは優先カードの設定で共用可能。
  • モバイルでチャージできるため、オートチャージ設定がなくてもチャージ機に並ぶ手間が省けるApple Pay版PASMO。Suicaとは優先カードの設定で共用可能。
  • Apple Watch(右)にもSeries3以降で対応するApple Pay版PASMO。
  • 利用中のPASMOからiPhoneへ移行する際のイメージ。チャージ残高のほか、継続定期券、オートチャージ設定が移行可能。
  • iPhoneやApple Watchからは、標準搭載のWalletアプリから発行でき、アプリのダウンロードは不要。

PASMO協議会は10月6日、交通系ICカード『PASMO』のApple Payを利用したカードレスサービスを開始し、その内容を明らかにした。

それによると、発行はiPhoneやApple WatchにあらかじめインストールされているWalletアプリから行ない、PASMOアプリのダウンロードは不要。優先カード設定によりSuicaとの共用もできる。

すでにPASMOを利用している場合、チャージ残額や定期券機能の移行が可能。定期券の購入やオートチャージもできるが、新規の場合、PASMOアプリのダウンロードが必要となる。

ApplePayはアップル社が提供する電子マネー決済サービスで、PASMOのカードレス利用では、iPhoneがiOS14.0以降を搭載したiPhone 8以降の機種、Apple WatchがwatchOS7.0以降を搭載したSeries 3以降の機種に対応する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース