アプトポッドとテラデータ、自動車開発向けDXソリューション提供で協業

産業IoTミドルウェア/サービス製品開発のアプトポッドは8月4日、日本テラデータと自動車分野で加速するデジタルトランスフォーメーション(DX)に向け協業することを発表した。

アプトポッドと日本テラデータは、アプトポッドが開発する高速IoTプラットフォーム「intdash(イントダッシュ)」と、テラデータが提供する次世代アナリティクスプラットフォーム「Teradata Vantage(テラデータバンテージ)」を連携し、産業データ収集から高度な分析処理までをワンストップで実現するデジタルソリューションを共同開発・提供する。

自動車開発では、モデル(仕様)をベースにした試作車による検証で構成するモデルベース開発が採用されており、その工程ではシミュレーションデータとリアルデータを用いた検証や分析が必要となる。グローバルでの競争力強化が加熱する自動車業界では、開発におけるVプロセス、およびデータによる車両障害解析などすでに導入されているデジタルプロセスをさらに進化させ、グローバル市場での競争力を確保する必要がある。

本ソリューションではイントダッシュが提供する強力なデータ収集機能とバンテージが提供する大規模で複雑なアナリティクス環境の管理に、自動化やテラデータ独自の分析ノウハウを連携。試験車両におけるデータ収集の遠隔リアルタイム化や自動化、時系列データ同期処理の自動化、Visual M2Mによる時系列データの可視化(リアルタイム、オンデマンド)など、開発工程の圧倒的な効率化を実現することで、自動車メーカーの開発競争力の向上への貢献を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース