三菱自 加藤CEO「選択と集中の中期計画に不退転で」…第1四半期営業損益は533億円の赤字

三菱エクスパンダークロス
  • 三菱エクスパンダークロス
  • 三菱エクスパンダー
  • 三菱自動車工業の加藤隆雄CEO(参考画像)

三菱自動車工業は7月27日、2021年3月期の第1四半期(4~6月期)連結決算を電話会議で発表した。新型コロナウイルスの影響などで内外の販売が振るわず、営業利益は533億円の赤字(前年同期は39億円の黒字)となった。

通期の営業利益予想は1400億円の赤字を予想している。第1四半期のグローバル販売は、「新型コロナウイルスの影響で、世界需要がかつてないほど大幅に、かつ急速に減少した」(池谷光司代表執行役CFO)ことから、53%減の13万9000台にとどまった。主力のASEAN地域が68%減の5万1000台となったほか、日本が52%減、欧州が48%減となるなど全地域でマイナスになった。

販売減による営業損益段階での減益影響は535億円にのぼり、これが前期からの損益悪化要因(533億円)のほぼすべてとなった。為替レートは1ドル108円で前期比3円の円高、ユーロも118円で5円の円高となったものの、タイバーツがプラスに作用したこともあり、為替全体の営業減益要因は28億円にとどまった。

最終損益(純利益)は、構造改革に伴う特別損失を約1200億円計上したことから、1762億円の欠損となった。売上高は57%減の2295億円と半減した。20年3月期決算の発表時に公表を見送っていた21年3月期通期の業績予想は、新車需要が「第1四半期をボトムに、下期に向けて徐々に回復し20年度末には19年度並みまでに回復することを前提」(池谷CFO)として策定した。

グローバル販売は前期比25%減の84万5000台とし、営業利益は1400億円の赤字、純利益も3600億円の欠損を見込んでいる。

経営再建に向け、今年度をスタートとする3か年の新たな中期経営計画も公表した。今後2年で固定費を20%以上削減するなどの構造改革を進め、来年度には黒字転換させる。最終の22年度には営業利益500億円(売上高営業利益率2.3%)の確保を掲げた。

すでに19年度後半に全方位の拡大戦略から「選択と集中」に舵を切っており、ASEANを中心とする同社のコアマーケットを成長ドライバーにしていく。一方で、欧州は新規商品の投入凍結を打ち出し、段階的な撤退を図る方針だ。電話会議で加藤隆雄代表執行役CEOは「U字型の回復になるが、選択と集中に不退転の決意で取り組み、収益回復の土台をしっかり築いていきたい」と強調した。

《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱自動車、最終赤字は3600億円に拡大 2021年3月期連結業績予想 画像 三菱自動車、最終赤字は3600億円に拡大 2021年3月期連結業績予想
  • 三菱自動車、登録車の国内生産を大幅減産 7月予定 画像 三菱自動車、登録車の国内生産を大幅減産 7月予定
  • 三菱自動車の米国販売、7年ぶりのマイナス 2020年上半期 画像 三菱自動車の米国販売、7年ぶりのマイナス 2020年上半期
  • 三菱自動車、米国初期品質調査で日本ブランド首位…JDパワー 画像 三菱自動車、米国初期品質調査で日本ブランド首位…JDパワー

特集

おすすめのニュース