マルチスズキの高級販売店「NEXA」、110万人以上の顧客を獲得…設立5年で

マルチスズキの高級販売チャンネル「NEXA」
  • マルチスズキの高級販売チャンネル「NEXA」
  • スズキ・バレーノ (インド仕様)
  • スズキ・イグニス 改良新型(インド仕様)
  • スズキ・シアズ(インド仕様)
  • スズキXL6

スズキのインド子会社のマルチスズキ(Maruti Suzuki)は7月23日、インド国内の高級販売チャンネルの「NEXA」が5周年を迎え、110万人以上の顧客を獲得した、と発表した。

NEXAは、従来マルチスズキになかった高級ショールームの名称だ。マルチスズキは2020年末までに、年間200万台の新車販売目標を掲げる。そのために、インドの新たな顧客層を取り組む目的で、NEXAは立ち上げられた。

NEXAでは、顧客がNEXAでしか得られない体験、おもてなし、最新のデジタル機器を駆使した情報提供などを重視した。ショールームも、白と黒を基調にした落ち着いた雰囲気に仕上げられている。

2015年7月下旬、NEXAの第一号店がオープンした。今回、立ち上げから5周年を迎え、NEXAのディーラーネットワークは、200を超える都市の370店舗以上に拡大した。拠点数では、インドで第3規模のディーラーネットワークに成長したという。

NEXAでは現在、『Sクロス』、『バレーノ』、『イグニス』、『シアズ』、『XL6』を販売している。マルチスズキによると、NEXAの顧客のおよそ半数は、35歳未満の若い顧客が占めるという。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 日産の新BセグSUV、『マグナイト』…デジタルワールドプレミア[動画] 画像 日産の新BセグSUV、『マグナイト』…デジタルワールドプレミア[動画]
  • スズキ 鈴木社長「インドのシェア50%をしっかりやる」…20年3月期営業利益は34%減の2151億円 画像 スズキ 鈴木社長「インドのシェア50%をしっかりやる」…20年3月期営業利益は34%減の2151億円
  • イード、「オートエキスポ 2020」調査レポートを発表 インドの電動化や中国勢の攻勢など紹介 画像 イード、「オートエキスポ 2020」調査レポートを発表 インドの電動化や中国勢の攻勢など紹介
  • FCAとグーグル「ウェイモ」、自動運転の提携を拡大…商用車の分野にも 画像 FCAとグーグル「ウェイモ」、自動運転の提携を拡大…商用車の分野にも

特集

おすすめのニュース