台車枠亀裂などを早期に検知…JR東日本の新造新幹線車両に台車モニタリング装置 2023年春から順次使用

「台車モニタリング装置」の概要。
  • 「台車モニタリング装置」の概要。

JR東日本は7月7日、2021年秋以降に落成する新造新幹線車両に、台車モニタリング装置を搭載すると発表した。

これは、台車の空気バネ圧力センサーと振動センサーを組み合わせて取得したデータを集約して演算。その結果を基に判定を行ない、異常とされた場合は運転士へ通知するというもの。

JR東日本では「このシステムを搭載することにより、台車枠亀裂等の異常を早期に検知し、これまで以上の信頼性を確保することができます」としており、既存車両への搭載については、その施工方法を検討するとしている。

なお、JR西日本でも北陸新幹線用車両に搭載するとしており、JR東日本とともに2023年春から順次使用を開始する予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 神戸市営地下鉄の台車に亀裂…京成の脱線事故を受けて警戒、全数を緊急点検へ 画像 神戸市営地下鉄の台車に亀裂…京成の脱線事故を受けて警戒、全数を緊急点検へ
  • 神戸の新交通システムで台車トラブル…左右の案内輪を支える「案内輪受簗」に亀裂 4月3日発生 画像 神戸の新交通システムで台車トラブル…左右の案内輪を支える「案内輪受簗」に亀裂 4月3日発生
  • 『のぞみ』台車トラブルを受けたJR東海の安全対策が進展…台車の温度検知システムを増強、空気ばね圧力の常時監視も 画像 『のぞみ』台車トラブルを受けたJR東海の安全対策が進展…台車の温度検知システムを増強、空気ばね圧力の常時監視も
  • 新たな亀裂も発見され、補修…金属音との因果関係はないとされた南海『ラピート』の台車トラブル 画像 新たな亀裂も発見され、補修…金属音との因果関係はないとされた南海『ラピート』の台車トラブル

特集

おすすめのニュース