東急バス、コロナ対策で全車両に抗ウイルス・抗菌施工 東日本初

コーティング施工作業の様子
  • コーティング施工作業の様子
  • 施工済みステッカー

東急バス・東急トランセは、全バス車両の車内全体に抗ウイルス・抗菌施工を実施、7月上旬までに完了させると発表した。

対象となるのは、高速バス・観光バス含む全車974車両。光の有無にかかわらず効果を発揮し、付着および浮遊するウイルスや菌を不活性化させる「無光触媒」を、乗客が手を触れるつり革や手すり、シートなどをはじめ、ガラス面、壁面など車内全体に噴霧し、コーティング施工する。また、施工済み車両には車内外にステッカー表示をする。

なお、無光触媒を使用したバス車両への抗ウイルス・抗菌施工は東日本のバス事業者では初めてとなる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 新型コロナ関連の経営破たんが300件を突破 東京商工リサーチ調べ 画像 新型コロナ関連の経営破たんが300件を突破 東京商工リサーチ調べ
  • 新型コロナウイルスで国土交通分野への影響大 6月以降も厳しい状況 画像 新型コロナウイルスで国土交通分野への影響大 6月以降も厳しい状況
  • 直接触れずに「NEKO no TE」を借りる、マレリがコロナ予防の新製品発売へ 画像 直接触れずに「NEKO no TE」を借りる、マレリがコロナ予防の新製品発売へ
  • KeePer LABO、車内清掃を復活 新型コロナ対策で「除菌」をプラス 画像 KeePer LABO、車内清掃を復活 新型コロナ対策で「除菌」をプラス

特集

おすすめのニュース