BMW、クリーンエネルギー自動車の認知拡大に向け新プロジェクト始動

ジョイ+ クリーンエネルギープロジェクト
  • ジョイ+ クリーンエネルギープロジェクト
  • 5月19日のキックオフイベントに登場した羽田。

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、サスティナブルな社会を実現するため「クリーンエネルギープロジェクト」と題し、新たな取り組みをスタートした。

4月30日よりBMW「ジョイ+ クリーンエネルギープロジェクト」を、5月19日からは、YouTube動画「BMW Lab.」の配信をスタート。またキャンペーン開始に伴い、限定特別仕様車「エディション ジョイ+」の販売を既に開始している。

ジョイ+ クリーンエネルギープロジェクトでは、クリーンエネルギー自動車の幅広いモデルにて、最大55万円オフの価格改定を実施。大幅な価格改定により、多くの人にとって、クリーンエネルギー自動車がより親しみやすく、身近な存在となることを目指していく。

YouTube動画 BMW Lab.では、BMWの環境問題や交通安全などに対する挑戦を発信するとともに、ゲストの研究員が様々な研究テーマに挑戦する。第1回ゲスト研究員には、芥川賞作家の羽田圭介さんを起用。BMWの環境問題への取り組みをモータージャーナリストと学んでもらったり、クリーンディーゼル車の魅力を実際に体感してもらう。また羽田さん自身もクリーンディーゼル車を所有しており、そのリアルな感想も語ってもらう。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース